町家のはなし

「京都一の傳 本店」の概観に見られる、町家の特徴をご紹介いたします。

外観 うだつ・むくり・一文字瓦・虫籠窓・格子

【うだつ】

「うだつがあがる」の語源とも

屋根の両端を一段高く張り出して、隣家からの火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことです。後には、装飾の意味合いが強くなり、裕福な家の財力アピールに使われていました。
現在慣用句で使われる「うだつがあがる・あがらない」の語源とも言われています。

【屋根のむくり】

優美かつ機能的

むくりとは「起り」。一見、通常の三角の屋根に見えるのですが、横から見ると軽く丸みを帯びた形になっています。とても優美な形状をしていてながら、雨水をしっかりと集めるための工夫がされています。

【一文字瓦】

一分のくるいも許されない職人技

町家の軒先は真一文字になっていることが多いですが、これが町家の特徴「一文字瓦」です。町家を端正かつきりりと引き締めます。
一文字瓦は、その下端のラインをそろえるために、一分のくるいも許されないとか。手間がかかるだけでなく、ラインをぴっちりとそろえるのが町家職人の腕の見せ所だそうです。

【虫籠 (むしこ) 窓】

都人の配慮をこめて

二階の格子をワラで包み、その上から漆喰で塗りこめた町家特有の窓。姿形が「むしかご」に似ていることから、虫籠窓とよばれるようになったとか。
虫籠窓がつくられた理由は防火のため、また、道行く人を見下ろさない配慮とも言われています。物置や丁稚などの寝所となるのが一般的だったようです。

【格子】

戦国時代から根付いた機能性

格子は、戦国時代に防御の必要から考えられました。外からは内部が見えにくい反面、中からは外の様子がよくわかる、という機能的なもの。光や風を通しつつ視線を遮る都人の知恵が今なお多くの町家に息づいています。連子の太さや組み方、面の取り方などそれぞれ微妙に違い、それぞれに町家職人の技が生きています。

1階 梁・坪庭・蔵戸

【梁】

町家を支える芯

屋根を支え、柱を固定するために天井を横切らせた太い木が「梁」です。木の梁は、地震の際には横揺れに強く、しなやかに受け流すことができる優れものです。飛騨地方などの家屋にも使われますが、京町家の梁は総じて細く繊細。京都人の気質をよくあらわしています。

【坪庭】

やわらかな光で町家を包む

建物の奥に設けられた一坪ほどの寸庭で、風通しと採光をかねてつくられているのが「坪庭」。機能面だけでなく、坪庭は外観的にも町家にとってなくてはならない存在です。
自然を美しく取り入れながら燈籠や庭石を置くなど、小さいながら風情を醸し出す大切な空間になっています。

【蔵戸】

町家の特徴を備えた門番

穀物や商品、財産などを火事やネズミから守るために厚い漆喰の壁で建てられている蔵。この蔵の扉部分に使われているのが「蔵戸」です。
重厚感がある木製のものが多いですが、格子タイプのものや、豪華な金具が付いているものなどデザインは様々。京都の町家職人の巧みな技が見受けられます。

2階 下地窓・京唐紙・雪見障子

【下地窓】

京の侘び・さびが見える

和風窓の一種で、名前のとおり壁を塗り残したままの下地(骨組みの割り竹や木舞竹)がわざと見えている窓のことを指します。「茶室」や「数奇屋造(すきやづくり)」などに用いられていました。
内側に窓障子が取りつけられて、柔らかな光が入るような創意工夫がしてあるものもあります。

【京唐紙】

襖にも遊び心を

唐紙とは、元々奈良時代に中国・唐(とう)から伝わった細工紙(さいくがみ)のことでしたが、室町時代にお寺や茶室などの襖(ふすま)に使われるようになり、襖紙(ふすまがみ)そのものを唐紙と呼ぶようになりました。
最近では、壁や天井の他、屏風や小物などにも広く利用されており、優しい京文化を感じることができます。
京都一の傳 本店内には、この京唐紙が何種類か使われております。
お越しの際にはぜひ、さまざまな種類の京唐紙をお楽しみいただければと思います。

【雪見障子】

優美な心が映る

「雪見障子」とは、紙張り障子の人が座った目線の高さにガラスをはめ、その室内側にさらに上下にスライドする紙貼の小障子(孫障子)が付いたものです。地域によっては「摺り上げ障子」と呼ばれます。京都一の傳 本店店内では室内にしつらえておりますが、実際はもちろん、外の景色を眺めるために使われます。
部屋に居ながらにして庭の景色を眺められる、町家の知恵と趣を感じさせる建具です。