坂本龍馬(2)土佐藩邸跡

坂本龍馬をはじめ、武市瑞山、中岡慎太郎、後藤象二郎らも出入りしていた「土佐藩邸」は、土佐藩の京都における活動の拠点でした。

坂本龍馬(2)土佐藩邸跡京都一の傳本店から東へ8分、高瀬川沿いにある旧立誠小学校(現在は廃校)のあたりが、土佐藩邸がおかれていた場所であると いわれています。川に架かる橋の東詰にある石碑が、「土佐藩邸跡」を示しています。

旧立誠小学校の北の路地には土佐稲荷(岬神社)が鎮座しています。この神社は、もとは土佐藩邸に祀られていました。龍馬をはじめとする藩邸内の人々はもとより、町人にも厚く崇められていたため、藩邸では参拝のための通り抜けが許されていたと伝えられています。

昭和初期に建てられた旧立誠小学校の意匠の美しさや、高瀬川の情緒あふれる風景を眺めながら、のんびりと歩きたいスポットです。

アクセス

阪急電鉄京都線「河原町」駅下車、徒歩3分
(「京都一の傳 本店」より東に徒歩8分程度)

・所在地…京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

前のページ「坂本龍馬」マップへ戻る次のページ