近隣探訪

京都一の傳本店からふらりと立ち寄れる、素敵なスポットをご紹介いたします。

寺町通り

寺町通り京都一の傳本店から錦市場のアーケードを東へ抜けると「寺町通り」です。京都土産を取り扱うお店も多くあり、修学旅行などで訪れた事のある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

現在では新旧様々な店舗が立ち並び、地元の人々や観光客で賑わう商店街ですが、以前はその名の通り、多くの寺院が整然と立ち並んでいたといわれています。

平安時代、この寺町通は「東京極大路(ひがしきょうごくおおじ)」と呼ばれていました。道幅が32メートルもある、京の都の最東に位置する大路だったそうです。

寺町通り応仁の乱によりこの通りは一度衰退しましたが、天正18年(1590年)から始まる豊臣秀吉の京都大改造により、修復・再生されました。そして「寺町」と名づけられ、およそ80の寺院が通りの東側に強制的に集められたそうです。

江戸時代には、通りの西側に宗教・文具・装飾関係の商人や職人が次第に集まり住み、現在のような商店街の原型ができていったといわれています。

歴史を色濃く反映させながら、今もなお京都の代表的な通りとして栄え続けている「寺町通り」。京都の賑わいと歴史を感じながら、のんびりと探訪されてはいかがでしょうか。

アクセス

「京都一の傳 本店」から東へ徒歩4分

・紫明通~五条通まで南北約4.6km

前のページ戻る次のページ