近隣探訪

京都一の傳本店からふらりと立ち寄れる、素敵なスポットをご紹介いたします。

誠心院

今回は、平安中期の恋愛歌人として有名な「和泉式部」ゆかりの地をご紹介いたします。

誠心院「京都一の傳本店」から錦市場を東に向かって歩いていくと、賑やかな「新京極通」に突き当たります。服飾・雑貨、飲食店などがひしめき、若者や観光客で賑わうこの通りを北上していくと、右手に見えてくるのが「誠心院」です。

山門をくぐり境内に一歩足をを踏み入れると、先程までの繁華街とは雰囲気がガラリと変わり、静寂な雰囲気に包まれます。

和泉式部が初代住職であるこの「誠心院」は、娘の小式部に先立たれ仏門にはいった和泉式部のため、中宮彰子が父藤原道長に頼んで建立させたのが起こりといわれています。

この「誠心院」という名も、和泉式部の法名「誠心院専意法尼」に由来しているそうです。

誠心院境内をぐるりと巡ると、「水かけの行者さん」の石像や、知恵授け・恋授けのご利益がある「鈴成り輪」などが、参拝者の心を和ませてくれます。

そして境内の北側には、「和泉式部のお墓」が静かに佇んでいます。高さ約4mのこの石塔は、正和2年(1313年)に改修建立されました。和泉式部を慕い、この場所を訪れる人々は昔から現在まで絶えないそうです。

ビルの合間に広がる静寂な空間が、都会に息づく歴史を感じさせる「誠心院」。京都の街の賑わいを楽しみながら、ふらりと訪ねられてみてはいかがでしょうか。

アクセス

阪急電鉄河原町駅下車、徒歩8分
(「京都一の傳 本店」よりより北東方向に徒歩8分程度)

・拝観料……境内自由
・所在地…京都市中京区新京極通り六角下ル中筋町487
・TEL…075-221-6331

前のページ戻る次のページ