近隣探訪

京都一の傳本店からふらりと立ち寄れる、素敵なスポットをご紹介いたします。

六角堂

「六角さん」の名称で京の町の人々に昔から親しまれている六角堂(寺号/紫雲山頂法寺)。「京都一の傳 本店」から北西へ5分程歩いたところにたたずむ由緒あるお寺です。西暦587年、聖徳太子が四天王寺建立のための用材を求めてこの地に入った時、霊夢にてここに六角の御堂を建てるようお告げがあり、ここに御堂を建て自らの護持仏を安置されたと伝えられています。

六角堂六角堂は平安時代から霊験をたたえた記録や説話も多く残っています。
平安遷都の折、六角堂の位置がちょうど道筋にあたるので、天皇の勅使が御堂に向かって南北どちらかにお移りいただくよう祈願したところ、礎石一つを残し六角堂がひとりでに5丈(約15m)北へ退いたと言い伝えられています。その跡に残った礎石は「へそ石」と呼ばれるようになり、京都の中心に位置する場所として全国から多くの人が訪れるようになりました。

六角堂の北面は、太子が沐浴された池の跡と伝えられるところで、この池のほとりに小野妹子を始祖とする僧侶の住坊があったことから、「池坊」と呼ばれるようになりました。池坊の祖先は朝夕宝前に花を供えており、いつしか代々いけばなの名手として知られるようになり、全国に広がっていきました。六角堂はいけばなの発祥の地でもあるのです。

六角堂には池坊会館が隣接されており、館内には「いけばな資料館」があります。花々の蕾も膨らむこの季節、由緒あるお寺であり、いけばなの発祥の地である六角堂へ、春を感じにいらしてみてはいかがでしょうか。

アクセス

京都市営地下鉄烏丸御池駅下車、徒歩4分
(「京都一の傳 本店」より北西方向に徒歩8分程度)

・納経時間…8時~17時(開門時間6時~17時)
・拝観料……境内自由
・所在地…京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
・TEL…075-221-2686(池坊総務所)

spacespace次のページ